パチンコ ドラム黄門ちゃま

パチンコ ドラム黄門ちゃま

Bloggerの推奨事項:

  • 猫娘フィギュア
  • プレステ 3 信長 の 野望
  • パチスロ リング 上乗せ
  • トータルイクリプス リセット
  • バイオハザード スロット 評価
  • あなたも好きかも:パチスロ ブロンコ
    別にそこまでおかしなことを言っているとは思わなかったのだが、副本部長の頭の中ではいろいろと考えがめぐらされているようである

    康太の今までの行動と性格、そしてそれらからどのような行動があり得るか、頼んでいる事件の詳細を知った後どのようなことをするか、そしてそれは自分の不利益になるかどうか、ここまで考えているようなのだが即座に答えは出せないようだった

    長い沈黙に耐えかねたのか、アリスは康太の服の袖を引く

    あなたも好きかも:ウルフ・リッチーズ
    「ビーよ、先にあれを渡してしまったほうがよくないか?のんきにしていると忘れかねんぞ?」「そうだった

    あなたも好きかも:テイルズオブデスティニー パチンコ 設置店
    あと副本部長、これ」「・・・ん?なんだこれは?」康太が手渡したのは茶封筒に入った書類だった

    その中にはあらかじめ支部長がまとめた拠点の情報が記されている

    支部長同士の会合で決められた、流出しても問題なさそうな情報である

    「この間把握できた拠点の一覧

    少し落ち着いてから攻略する予定だけど、本部にも一応知らせておいてほしいってうちの支部長から預かったんだよ

    本部の各方面に伝達しておいてくれ」「・・・なぜお前たちが私に・・・」「ついで」「・・・・・・・・・」もう少しちゃんとした説明を求めたいところだが、副本部長も康太の性格を把握しつつあるのか、額に手を当てながらため息をついてしまっていた

    面倒なことを嫌がる康太らしいと副本部長は考え、本当についで以外のなにものでもないと考えたのだろう、書類を少し見てから再度ため息をつく

    「こういうものは本来それをきちんと伝達するための部署があるからそちらに渡してほしいものだ」「そんなのあるのか?」「知らん

    私がいない間にいつの間にか本部もややこしくなったのだの」康太とアリスの言葉に副本部長は頭が痛いのだろうか、仮面の下で強く眉間にしわを寄せていた

    本当に雑な連中だなと思いながらも、副本部長は何とか平静を保ち、康太に向き直る

    「情報に関しては感謝する