スロット ガールズ&パンツァー 設定差

スロット ガールズ&パンツァー 設定差

Bloggerの推奨事項:

  • パチスロ十字架4
  • sourui-ta-
  • パチンコ アプリ セール
  • 信長の野望 創造 イベント
  • キン肉マン フリーズ
  • あなたも好きかも:スロット 甲殻類機動隊
    真っ白なテーブルの上には、一本の茶色い金属ボトルのようなものが置かれていた

    同じ色の金属製らしきキャップをしてある

    ペットボトル程度の大きさである

    テーブルに触れずに、黙ってキドを見つめると「……その金属ボトルが俺たちが求めていたものだろう」数メートル離れたペップが「とっとと触るにゃ」ボトルに指を指す

    俺は触る前に金属ボトルの中身を見極めようとジッと集中して見つめる

    中に何か、生命が潜んでいるような気配もない

    怪しげな様子もない

    あなたも好きかも:蒼穹のファフナー スロット 天井狙い
    いや、俺には分からないのかもしれないな

    キドをもう一度見る

    あなたも好きかも:とある パチンコ オートボタン
    彼は首を横に振った

    キドにも怪しい点は見つからないようだ

    意を決して、茶色のボトルを手に取る

    冷たい金属の感触だ

    まさかのただの鉄なのか……?振ろうとして止めて、大きく息を吐いてからキャップを静かに回して取り去る

    中には、何も入ってなかった

    「……?」首をかしげてその真っ黒なボトルの中を覗き込もうとするといきなり、俺の腹から「……ガス状生命体の出現を感知しました

     お久しぶりです